自分の生き方を考えるための日記

最大の読者が私だということを書き手の私は肝に銘じよ

自説

心の持ちようの連立方程式を解く

現代を生きる上で、理由のよく分からない漠然とした不安・悩みを抱えることは多くの人にあるだろう。心の持ちようや、思考回路、自分の信条について、自分で整理しなくてはならない場面もあるだろう。 やはり、多くの人が悩むからには、「あちらを立てればこ…

情報の壁が取り払われつつあるネット上で、議論の場の住み分けが難しくなっている問題

インターネットは今までの情報の壁を取り払い、多くの人々に「つながる場」を提供し、様々な情報にアクセスできる権利を与えた。このように多くの場合において情報化は良いものとして捉えられる一方、情報が氾濫してしまい、人々は情報を取捨選択することを…

人工知能が造る未来

過去に録画したテレビ番組を漁っていて出てきた、NHKのNEXT WORLDという番組を見返した。 www6.nhk.or.jp 未来のほとんどを人工知能が予測しまう未来である。 以前から、僕は、IT化は人類にとって総合的に見ればマイナスな影響をもたらしたのではないかとい…

「批判的思考」が教育現場で教えられる現代で、他者を批判して思考停止する人々を大量に生み出しているジレンマ

タイトルでほとんど書いていますが 最近の投稿に引き続いて、同じようなテーマで書きます。 nk.hatenadiary.jp nk.hatenadiary.jp 批判的思考・批判的に読むということは、非常に大事なことである。 その理由はときに、「騙されないため」などと教えられる。…

日本における社会の分断は

EU離脱、トランプ新大統領当選と、主に海外での社会の分断が話題となった一年であった。ISや、発展途上国での内紛はどこか他人事のように思えていたが、先進国であるイギリス・アメリカという国で、事前の予兆少なくこのような現象が立て続けに起きたことに…

2016年を流行語から振り返る

2016年はどんな年だっただろうか、まずは流行語から振り返ろう。 2016年の流行語は「神ってる」だったが、今年は「流行った」と感じるものが多い年だったと個人的には思っていて、流行語が豊作の年だった。お堅いイメージの政治界隈もインパクトのあるイベン…

自己と甘えと、他者への頼り方

いま『「甘え」の構造(土居健郎)』を読んでいる。甘えについて彼なりの理解が書かれており、大筋としては同意できる内容である。そもそも「甘え」の観点に気づいたこと自体が素晴らしいのは作者(土居氏)も自覚している通りで、その喜びが書かれた本であ…

社会の中で幸せになりたいなら統計学を信じて広い世界へ飛び込めば良い

タイトルの通りです。 みなさん、自分が幸せになりたいと思っていると思いますし、他人を幸せにしたいとも思っていると思います。 どちらも全然違う難しさがあります。 自分が幸せになるのはすごく簡単で、すごく難しいです。 幸せのハードルを下げればすご…

センター政経の囚人のジレンマの問題は出題ミスか?

この話題が思いの外面白かったので、記事にしたいと思います。 togetter.com 話題の概要:今年のセンター政経に、「囚人のジレンマ」に関する出題があった。この問題における「正解」の選択肢は3だが、その選択肢の記述に論理上の誤りがあるのでは?とネット…

人生において、何かを「切り捨てる」ことに関するアイディア

今日は、深い意味もないようなことを書くので、長々と書くようなことはやめる。 もっとも、今アイディアを思いついたところなので、これからしっかり考えていくつもりである。 --- 何かを切り捨てる時は、切り捨てるものの悪い部分だけを見て、自分を正当化…

幸せの重さは:終物語より

「終物語 上」(もしくはアニメ版終物語の第六話まで)のネタバレを含みうるのでご注意を(読んでない/見てない人は見て欲しい)。

日記を書こう

日記といえば、小学校の時に強制的に書かされたという経験からあまり良いイメージがない人が多いかもしれないが、これが自由な人生を歩む上に置いて、結構大事なのである。 自分のことは自分がよくわかっていると思いがちだが案外わかってないんだよ、という…

他者を正しく評価することはそれだけで価値

他者・他者の行為を正しく評価することはそのだけで価値である。 正しく評価するとは、行為者の真意を理解することが主軸で、しかしそれを状況の文脈に照らして適切に評価できることをここでは指す。 正しく評価すること自体には、誰かから評価してもらえる…

ITにおける離散化が強いる概念の離散化

SNSで「フォロワー」「友達」に登録するとき、「彼・彼女は友達なのか」と考える。もしくは、友達なのかどうか深く考えず、知り合った人は「友達」としてしまう。本来、ITが発達していなかった時代は、友達になる以前や、友達なのかはっきりしていない状態で…

概念にリプレイスしてしまう人生

この記事はネタバレを含みます。 魔法少女まどか☆マギカのネタバレを含みます。

量子論と、bumpの「カルマ」

bump of chickenのカルマを聴いていて、歌詞に量子論の言説っぽいフレーズが多いことに気づく。 物質は、小さな粒子が集まってできていると考えられる。我々の体だって、水分子などの分子で構成されており、さらに細かく見れば、原子、もっと細かく見れば電…

自分の定義。他者との境界

最重要な哲学的topicだと私が思うものの一つに、「どのように自分を定義するか」というものがある。 自分の定義は時として曖昧で、例えば鷲田清一氏は、自分のからだの一部だって病気の時などに(自分の思うようにコントロールできないために)自分でないも…

言葉:「車の両輪」が暗に伝えるもの

「車の両輪」とは 二つのうち、どちらを欠いても役に立たないほど密接な関係にあることのたとえ。 (車(クルマノリョウリン)とは - コトバンク) とある。 実は僕が書こうと思っていたことが既に辞書に書いてあり少々つまらないのだが、もっと話を深めるので…

なぜ「美しさ」だけ無条件で価値とされるのか

たとえばWindowsに比べてMacは美しい、みたいなことをいう人があるが、「Macは美しい、だからMacを選んだ」というような論理の運び方がされることが多い。 つまり、美しいから、なぜそれが価値なのか、ということには踏み込まれず、美しいということはすなわ…

今ニコ動でやってる終物語第一話

こんにちは。終物語、面白いです。もしも、まだ見てない人がいたら、(終物語 第1話 ‐ ニコニコ動画:GINZA)を見ましょう。 原作を見てないし、なんとなく予想したことなのだが、 忍野扇ちゃんについて ・非常にわざとらしい、話の(思考の)誘導 ・迷宮(扉…

新しいドラえもんのアニメを見て

新しいドラえもんというのはもちろん、大山のぶ代さんから水田わさびさんにドラえもんの声が変わってからの、アニメドラえもんのことで、声が変わると同時にアニメ制作の方針までも変化したわけだが、どこがどう変わったか、思ったことを書いていこうと思う…

言葉について考えることは人生を変えうる(追記あり)

言語は思考に影響を及ぼす、言語のおかげで人類は深い思考ができるようになった、などという説(オピニオン)があるが、これを初めて聞いた頃は、あまりこの説を信じていなかったし、重要なものだとも思わなかった。 というのも、私は基本的には言語をベース…

制約は自由の裏返し

制約は自由の裏返し*1と言うと、ある意味嘘になってしまうが、どうもそう捉えておいた方が都合がいいような気がする。 例えば、勉強は何のためにするのか?と聞かれて、「自分の可能性を広げるためです」という人がいる。これはある意味では正しいとあえて先…

「『分からないこと』に対する向き合い方」を知るための準備論

今日は、私自身のために、ブログを書こうと思います。 自分のために何かすることことは、結果的に周りのためにもなるのでいいのではないかと思って書きます。 小さいころは、自分が意識できることは、「分かっている」ことだけだったと思う。 例えば善悪の判…

論理はとっても大事である。

論理はとっても大事である。 世の中の試験のほとんどは、暗記量を見るものでなければ論理性をみるものになっている。中学、高校、大学と、論理的思考力を養うことが大事だと言われ続ける。社会に出ても、物事を論理的に見て対処するべきことがいっぱい起こる…

メッセージはメタ的に伝わりうる

人としゃべってると、メッセージがメタ的にだけ伝わってしまうタイプの人がいることに気付いた。*1 例えば俺が「夏祭り俺と行かない?」と聞いた場合。 多分僕と行くのは相手に拒否されるんだけれども、「夏祭りには誰かと一緒に行くもんだ」というメタ的な…